痩身エステでよくあるキャビテーション 超音波のデメリット

| トラックバック(0)
簡単にただ寝ているだけで痩身エステが受けられる、というのが売りのような超音波。

本当に効果はあるようですが、それだけ効果があるなら何かデメリットもあるのだろうかと気になりますよね。

超音波を身体の深部まで届けて脂肪を溶かして排出させるというのがこのキャビテーション。

デメリットとしては、骨伝導の感覚と音くらいです。

あとは、脂肪を溶かして排出しやすい状態にしてくれる、ここまでが痩身エステとしての役割ですから、施術後の生活にかかっています。

とにかく水分を多めにとって排出を促さないと、出ていくものも出ていきません。
あとは、この超音波の効果は1週間ほどでなくなりますので、慣れるまでこまめに通わないとなかなか効果が実感できないでしょう。

とは言っても、本来なら耐えなければいけないマッサージの痛みや、発汗させるために入るドームやパラフィン。

これらのことを考えれば痛みもなくウトウトできるほどのあたたかさで痩身エステが受けられるのは幸せですね。
こちら(⇒http://www.issaquah-roofing.info/ )のサイトでさらに詳しくみる

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年12月 3日 15:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「光脱毛したくて店舗数でTBCにいく」です。

次のブログ記事は「ニキビ跡には蒸しタオルも有効」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30