2014年3月アーカイブ

ざらつきや黒ずみ、乾燥など、ムダ毛の自己処理で痛んでしまったお肌を自分でケアするには?
まず『ピーリング』がおすすめです。
『ピーリング』とは、『ピール』『剥く』。
美容において、皮膚表面の古くなってしまった角質をスクラブやフルーツ酸などを使用して取り除くことを言います。
それをすることで、まず肌表面がつるんとなめらかに仕上がりますし、角質を除去することでターンオーバーが促進され、黒ずみの原因であるメラニンが排出されお肌に明るさが蘇ります。
お顔や、ワキ、Vゾーンなどは皮膚が薄いので、フェイス用を使用しましょう。
それ以外はボディ用で大丈夫です。
気を付けることは、毎日使用しないこと。
必要な角質まで落としてしまうと皮膚がうすくなって肌トラブルが起きやすくなるので、週2~3回くらいがベストです。
またサロンで脱毛した後は肌がまだ不安定な状態のため、ピーリングをするなら施術後1週間たってからが良いでしょう。


このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30